NEWS 最新情報

9月27日(月)完成披露試写会 オフィシャルレポート!

完成披露舞台挨拶を、9月27日(月)に実施致しました!!

まず始めに、大貫勇輔が劇中で演じる円城寺輝さながらのアクロバティックなダンスで登場し、会場からの大きな拍手とともにオープニングアクトが開幕。続くオープニング映像、カウントダウンの後、ステージ上に親指と人差し指でLの文字を作る登壇者10人のシルエットが映し出されると、会場の興奮は最高潮に。大盛り上がりの中幕が上がり、ついにキャスト・監督一同が観客の前に登場した。

舞台挨拶がはじまり、映画の完成を迎えた気持ちを聞かれた深田は「今日初めてみなさんに観て頂くということで、すごくドキドキしています。やはり作品と言うのは皆様にお届けしてやっと完成という形なので、楽しい時間を過ごしていって頂けたらと思います。」と挨拶。瀬戸も「僕は一足先にもう2回も観させて頂いたのですが、本当にめちゃくちゃ笑ってめちゃくちゃ泣きました。今日皆さんがどんな感想を持って帰ってくれるのか楽しみです。」と語り、深田と同じくようやく作品がお披露目となる瞬間を待ちきれないといった様子。

続く小沢は「ドラマシーズン1,シーズン2と続いて映画の撮影に参加出来てとても光栄です。個性豊かなキャストの方々と楽しく撮影をしたので、そういう雰囲気が映画を通して皆様に伝わってくれたらいいなと思います。」、栗原は「ぜひ、笑いたいときは笑って泣きたいときは泣いて、そのまま楽しんで欲しいと思います。」と語った。

どんぐりは「今からの2時間、L の一族に存分に心を盗まれて頂きたいです。ぜひ楽しんで帰ってください」、麿は「今日はとにかく楽しんで、ハラハラドキドキしくしくにこにこ、 楽しんでください」と語った。

大貫は「ドラマ同様に所どころ全力で歌い、そして踊っているので、楽しんでいただけたらと思います。」とそれぞれに、これから作品を鑑賞する観客へ向け挨拶。そして、本作から「ルパンの娘」シリーズに新キャストとして参加となる観月は「『ルパンの娘』というドラマからの人気シリーズの劇場版に参加できたことをとても感謝しています。三雲玲はこの劇場版でのキーパーソンとなるとても重要な役です。映画の一つのエッセンスになれていればいいなと思っています。」と本作への参加の喜びを語った。

シーズン1から三雲家の大黒柱を演じ続けてきた渡部は「撮影中は全スタッフ・キャスト細心の注意を払って撮影していましたが、やはりこういう時期なのでたくさんの不安もあったと思います。今日こうして皆さんに観てもらえることで、そういう思いも報われると思います。本日はお越しいただき心より感謝いたします。」と足を運んだ観客に感謝を伝えると、本作のメガホンをとった武内英樹監督も「コロナ禍の中、色んな制約があるなかで、みんなでいろいろアイデアを絞り出しながら、丹精込めて作りました。 笑えるところは笑って、泣けるところは泣いて頂けると作った者としては幸せです」と、本作の完成を晴れやかに報告した。

続くMCからの質問で、撮影を振り返りチームワークや現場の雰囲気などを聞かれた深田は「こんなに長く同じメンバーで撮影することってなかなかないので、本当に居心地のいい現場で、本当の家族のような気持ちになってくるというか。だからこそシーズン1 シーズン2、劇場版まで作れたんじゃないかなと思います」と回答。そして、今作でも迫力あるアクションシーンを披露している瀬戸が「体づくりから始まり、練習を重ねました。今回の劇場版が、シリーズの中でもアクションシーンが一番多いんじゃないかと思 います。僕一人対大勢とか、ジャケットを使ったアクションもやらせて頂いて、本当に楽しかったですね」と撮影を振り返ると、橋本環奈演じる北条美雲とのシーンが話題となっている栗原は、「シーズン2の撮影の少し前に橋本さんと他の作品でご一緒していて、 彼女のお芝居がどういうものなのか、お互いがどういう人なのかというのはわかっていたので、お芝居の面ですごくやりやすかったですね。シーズン2で渉が美雲に対してどういった気持ちだったのかというところも気になってる方もいらっしゃるかもしれませんが、劇場版で少しずつわかるかもしれないので、ぜひそういうところも注目をして欲しいと思います。」とアピール。また「2秒以上喋るのはこの役ではほとんどなかったので緊張した」とも語り、会場を笑いに包んでいた。 さらに、本作の見どころを聞かれた渡部も「集大成だと思います。さすが武内監督、色んなことが詰まっていて、本当にすべてが見どころだと思います。」と完成した作品に自信をのぞかせた。 また、泥棒スーツを初めて身に纏った観月は「ずっとテレビで見ていた泥棒スーツを実際自分が着るとは思わず…着れた時はすごく嬉しかったです。すごくピチピチなので、ちょっと恥ずかしいんですよね。人の多い所で決めカットとかも撮っていたので」と振り返ると、すかさず深田が「そうなんです。なるべく人に見つからないように…」と観月の発言に同意する場面も。さらに深田は「シーズン1、2の方がロケが多かったので、その時の方が人目につかないようにと思っていました。だってどこからどう見てもおかしいじゃないですか…(笑)渡部さんなんか、最初はスタジオ内を歩いているのも恥ずかしいって仰ってましたよ」と撮影当初の思い出 を暴露。渡部は「いや、そんなことないですよ?喜んで着させて頂きました」ととぼけて会場を笑わせるなど、和やかな雰囲気での クロストークとなった。

そして、家族の絆を描いた本作にちなみ、最近絆を感じた瞬間は?と聞かれた深田は「やっぱりこの現場ですね。こうしてまた再集結して、そして映画公開に向けて、みんなで進めていこうというこの時間が大きな絆の時間だと思います。頼もしいです。」と横に並ぶ共演者たちを誇らしげに見渡すと、集大成となる「ルパンの娘」への想いを噛み締めていた。観月は「この作品に携わらせて頂いて、キャストもそうなんですが、スタッフの皆さんの心意気が素晴らしいなと思いました。三雲玲というキャラクターを演じるにあたり、衣装であったり風貌であったり役作りなんかもみんなで一緒に考えてくれて、それを表現すればいい、というくらいまでスタッフの皆さんが全部お膳立てをしてくれるような、そんな現場でした。シリーズをずっと積み重ねてきたみなさんの心意気が、絆で つながっているんだなと思いました。」と振り返った。 最後に登壇者を代表した深田が「シーズン1、シーズン2、そして劇場版、こうして発表できるのも皆様のおかげです。家族の絆だったり、急に涙がほろりと出るようなシーンがあったりとか、今回は更にスケールアップしていますので、是非たくさんの方に応援していただけたらと思います。」と締めくくり、大盛り上がりのうちにイベントが幕を閉じた。

カテゴリー