観月ありさ

三雲玲観月ありさ

もう一人のLの一族であり、尊の妹。非凡な泥棒センスを持つも、一族とは離れて普通の暮らしをしていた。しかし、“ある事件”をきっかけに行方をくらまし、死んだこととされていた。再び一族の前に姿を現すが、その理由は定かではない。

  • Comment
  • Profile

シーズン1・2と大変人気のある作品で、私自身も一視聴者として観ており、笑いあり、ミュージカルありの自由に表現される世界観がとても楽しいドラマだなと思っていたので、参加できてとても嬉しかったです。まさか自分が泥棒スーツを着ることになるとは思いも寄らず、全身ピチピチなので緊張感と若干の恥ずかしさがありました。武内監督とはおよそ20年ぶりにご一緒し、色々なパターンの芝居をみせながら阿吽の呼吸で撮影が進み、安心して芝居に臨むことができました。私が演じた“もう一人のLの一族”である三雲玲は(華たちの)敵なのか味方なのかわからない、物語をかき回すキーパーソンです。スタント無しで挑んだアクションシーンにも注目して楽しんでいただければと思います。

1976年12月5日生まれ。東京都出身。4歳で芸能界入りし、幼少時より子役モデルとして活動。1991年、「伝説の少女」で歌手デビュー。その後、「ナースのお仕事」シリーズをはじめとする数多くのTVドラマや映画で主演を務め、「放課後」(92)から29年連続通算33作品で連続テレビドラマの主演を務める。主な映画作品は、『鳶がクルリと』(05)、『BABY BABY BABY!』(09)、『映画 妖怪人間ベム』(12)、『人類資金』(13)、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(17)など。